2008年11月02日

流川ながれかわの人情

 広島の夜の街は、面積で言うと日本でも有数の繁華街なのだそうです。昼の繁華街の一翼を担っている八丁堀地区に隣接するこの地区は、多種多様な酒場(バー、スナック、キャバクラ、クラブ……)を中心とした街並みを形成しています。

 この辺は、少し歩くとすぐに町名が変わるので、流川町、薬研堀、堀川町、銀山町、弥生町などといった複数の“町”で形成された“街”となっています。ですが今回の記事ではそれらの地域すべてを、広島での一般的な言い方として通用する「流川」と呼ぶことにします。(ちなみに、このような呼ばれ方はおそらく、1965年までこの地域の大部分が「上流川町」「下流川町」と呼ばれていたことに起因するのだと思います。)

 私は以前から何度か書いていますが、その流川で遊ぶようなことはまずありません。だってお酒が飲めないんだもん。しかし、生まれ育った街でもあり、また今でもかなり近くに住んでいることもあり、決して縁遠くはないんですよね。

 流川はある意味で日本の都市そのまんまです。ヨーロッパのようないつまでも変わらない伝統的な街並みを良しとせず、ころころとその様子を変えます。実際、私が子供の頃からあったお店もかなり減ってしまいました。たぶん、小学校卒業当時(1986年3月)にあったお店の9割はすでにないでしょうね。なので、特に誇れる伝統のようなものもあまり思い当たりません。

 だけど、最近は若い(と言っても私と同世代〜やや下くらいだけど)人たちがやっているお店が目立ってきたように思えます。そして、彼らはしばしば、ちょっとだけおもしろい言葉遣いをすることがあります。皆が皆というわけでもないでしょうが、お店のお客さんに対し
「お疲れ様です。」
という言葉をかけているシーンをよく見かけます。

 おそらく、日本でのビジネスマナーの最大公約数を集めた場合、これは失礼に当たることでしょう。何をもってマナーとするのかにもよりますが、かなり多くの場面で「お疲れ様は身内(社内)向けに使う」とされていると思います。私もこのような言葉遣いを聞いたら、以前は違和感を覚えていました。が、「たまたまその人が一般的な礼儀を知らないだけだろう」と感じるだけで、すぐに忘れていました。

 だけどこの言葉、最近は単に礼儀を知らないというのとは違う印象を受けるようになりました。と言うのも、たとえば仕事の終わった飲み屋のホステスさんに、あるいは地元の人間に、そんな人にしかこの「お疲れ様」の声はかからないのです。一見さんや、流川に遊びに来ている人には、この声はかかりません。

 最近、気がついたんですよね。「あ、これって身内に対してだから使ってるんだ。」って。流川というひとつの街で生きる“身内”へのねぎらいの言葉。それが「お疲れ様」なんだと。これは流川の人情なんだなぁ……と、思ってしまったわけです。なんとなく。

※追記
 流川は「るかわ」ではないので悪しからず。昔の(と言うと怒られるかな?)漫画『スラムダンク』の登場人物と、今回の記事は一切関係ありません。
posted by Yosh at 07:27| Comment(4) | 広島のこといろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・そうなんですか。
いい話ですね。
ご苦労さまって店の方から言われたりするのは、
「あらら礼儀知らずですねぇ」かしら?
やっぱり・・・・
Posted by 女社長の・・・ at 2008年11月02日 08:54
>女社長の・・・さん
 なんだか暖かい感じでしょー。最近まで気がつかなかったんですけどね。

 マナーは場所によって変わるものだと思います。いわゆる勤め人と商売人で案外違っているようですし。いかにも会社然としている会社でのマナーは、たとえば飲食店のマナーとはだいぶ違っていると感じることが多いですね。

 会社的マナーに慣れた人は店の人からの「ご苦労様」は違和感を持つでしょうね。逆に、飲食店で常識人を自認する会社員風の人物がとても粗暴に振る舞う姿もよく見ますから、何とも難しいところです。
Posted by Yosh at 2008年11月02日 16:29
スラムダンクの中では、敵のチームの選手が
主人公チームの流川(るかわ)のことを、
ナガレカワとか間違って読んでました。
(広島市で全国大会開かれてる設定でした)
作者の人はよく取材してるなあと当時思った物です。
Posted by 田中 at 2008年11月03日 14:53
 それはナカナカやりますねぇ。流川ってたぶん全国的にはそんなに知名度はないでしょうし。

 ちなみに「るかわ」だと ATOK は変換してくれませんね。ホントは実在しない苗字なのかも……などと思ってしまいました。
Posted by Yosh at 2008年11月06日 02:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。